信頼出来る人材派遣業者と応募しやすい会社の特徴について

サイトマップ

Temporary staffing

大手派遣会社と小規模派遣会社の相違

私の勤めていた会社は、社員が退社すると、その穴埋めにその都度、職安に募集をかけていましたが、ある時から徐々に派遣社員で補う形になりました。派遣会社は地元密着型の小規模な会社が数社と契約をし、始めに数名ずつ現場作業員として入ってもらいました。その後事務においても派遣社員で補う事になり、契約していた派遣会社から何名か入っていただいたのですが、派遣されたどのスタッフさんも仕事が合いませんでした。仕方なく、事務においては新たに大手の派遣会社と契約をしスタッフを派遣してもらいました。
そんな境遇に接し感じましたのは、大手の派遣会社はスタッフの教育や指導がしっかりしていて、事務の作業手順や流れの呑み込みが早い。そつなく何でもこなすスタッフでした。小規模の派遣会社スタッフは地元の人材が多く親しみやすかったのですが、どのスタッフにも共通して言えるのは、残念なことに作業が少々雑な印象でした。派遣会社の方にお話をしても、指導などの対応が今一つ。
小規模な派遣会社は地元の人材を集める力があります。しかし、教育の面で少し劣っている感じがします。それが故にスタッフの質が劣ってしまっているのではないかと思うのです。契約会社がどんな人材を求めているのか十分理解できずにスタッフを派遣しているとも考えられます。大手は、登録スタッフが多いと聞きますので、求められている人材のマッチングがしやすいのだとも思います。

Contents